Univa Grid Engine 用語集

slot

slotとは、同時実行可能なジョブの数を示します。UGEでは、ジョブにslotを割り当てることでジョブを実行させます。一般的には、実行サーバーのslotは、そのサーバーのCPUコア数と一致します。

queue

queueとは、様々な属性をもつジョブの待ち行列であり、あらかじめ定められたポリシーに従ってジョブを計算機システムに配置します。デフォルトでは、ジョブはFIFO(fast in fast out)のポリシーに従い実行されますが、ジョブが要求するリソースの稼働状況(空きリソースの状況)に応じて、その待ち行列に並んだジョブの実行順序は前後します。queueを指定する場合には、qsubコマンドに「-q」オプションで使用します。

 

job class

job classとは、それぞれのqueueに紐づけられた待ち行列であり、queueに対する下層の階層を構成します。例えば、medium.qが16CPU利用するqueueとし、job classとして、s_medium ,  l_mediumを定義したと仮定する場合、それらのjob classが16CPUを利用することは変わりませんが、s_mediumは1時間、l_mediumは6時間で終了するjob classとして定義することができます。job classを指定する場合は、qsubコマンドに「-jc」オプションを使用します。一般に多くのqueueを利用する場合は、UGEのマスタープロセスの負荷が大きくなるため、job classの利用が推奨されています。

pe (parallel environment)

 PEとは、並列ジョブを実行する場合に、ジョブに割り当てるslotの数を指定するために使用します。PEを指定する場合は、qsubコマンドに「-pe」オプションを使用します。「-pe <pe_name> <slot数>」という形式でします。

 

complex

UGEで指定可能なリソースの属性を定義します。メモリやディスク、GPUなどのハードウェアリソースの他、新たにcomplexを定義することでアプリケーションの同時実行数を制御することも可能です。

© 2006-2019 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.