Top > HPCTテクニカルセンター > UGEコマンドリファレンス qacct

NAME
       qacct - report and account for Univa Grid Engine usage

 

SYNOPSIS
       qacct  [  -ar  [ar_id]  ]  [  -A  account_string  ]  [  -b begin_time ] [ -d days ] [ -e end_time ] [ -g [group_id|group_name] ]

       [ -h [hostname] ]  [ -help ] [ -j [job_id|job_name|pattern] ] [ -l attr=val,...  ] [ -o [owner] ] [ -pe [pe_name] ]

       [  -q  [wc_queue]  ]  [  -si  session_id  ]  [  -slots  [slot_number]  ]  [  -t task_id_range_list ] [ -P [project_name] ]

       [ -D [department_name] ] [ -f accounting_file ]

【説明】
qacctユーティリティは、アカウンティングデータファイル(accounting(5)を参照)をスキャンし、ホスト名、キュー名、グループ名、所有者名、ジョブ名、ジョブIDのカテゴリと、-lスイッチで指定されたリソース要件を満たすキューについて、ウォールクロック時間、CPU時間、およびシステム時間に関する情報の要約を生成します。各カテゴリの組み合わせは許可されています。あるいは、すべてのジョブまたは特定のジョブを-jスイッチでリストすることもできます。たとえば、検索条件には、キューと所有者の要約を含めることができますが、同じ要求内の2つのキューは含めることはできません。

【オプション】

-ar [ar_id]

利用状況が集計された事前予約のID。ar_idが指定されていない場合は、事前予約ごとにアカウンティングデータが個別に表示されます。

-A account_string

要約されるジョブのアカウント。

-b begin_time

[[CC]YY]MMDDhhmm[.SS]の形式で要約されるジョブの最も早い開始時刻。-dオプションも参照してください。CCが指定されない場合、<70のYYは20YYを意味します。
 

-d days

アカウンティング情報を要約して印刷する日数。-b begin_timeオプション(上記参照)と一緒に使用すると、begin_timeからbegin_time + daysまでに開始されたジョブがカウントされます。-e end_time(以下参照)オプションとともに使用すると、countはend_time - daysで開始されます。

 

-e end_time

[[CC]YY]MMDDhhmm[.SS]の形式で要約されるジョブの最新開始時刻。-dオプションも参照してください。CCが指定されない場合、<70のYYは20YYを意味します。

[-f accounting_file]

使用するアカウンティングファイル。省略すると、システムのデフォルトアカウンティングファイルが処理されます。

-g [group_id|group_name]

アカウンティングに含めるジョブ所有者の数値システムグループIDまたはグループの英数字名。group_id/group_nameを省略すると、すべてのグループがアカウントされます。

-h [hostname]

アカウンティング情報が要求されるホストの大文字と小文字を区別しない名前。名前を省略すると、各ホストの合計が個別にリストされます。

-help

qacctコマンドのヘルプ情報を表示します。

-j [job_id|job_name|pattern]

アカウンティング情報が出力される実行中のジョブの名前、一致する名前の式、またはID。名前もIDも与えられていない場合、すべてのジョブが登録されます。このオプションは、qacctの出力形式を変更します。有効化されていると、CPU時間はもはや蓄積されませんが、代わりに"生の"アカウンティング情報が書式設定された形式で出力されます。表示される情報の説明については、accounting(5)を参照してください。

-l attr=val,...

アカウントされているジョブが実行されているキューによって満たされなければならないリソース要件の指定。リソース要求は、qsub(1)で説明されているものと非常に似ています。

-o [owner]

アカウンティング統計がまとめられるジョブの所有者の名前。オプションのowner引数を省略すると、アカウンティングファイルに存在するすべてのジョブ所有者のアカウンティング統計のリストが生成されます。

-pe [pe_name]

使用状況が要約される並列環境の名前。pe_nameが指定されていない場合は、並列環境ごとにアカウンティングデータが個別にリストされます。

-q [wc_queue_name]

使用状況が要約されたキューの式。式に一致するすべてのキューインスタンスがリストされます。式を指定しない場合は、クラスターキューの要約が与えられます。

-si session_id

このクライアントからsge_qmaster(1)デーモンに送信された要求は、指定されたセッションの一部として実行されます。スイッチが省略されている場合、またはNONEがsession_idとして指定されている場合、そのような要求はセッションの制御の外で実行されます。session_conf(5)のセッションに関する詳細情報を参照してください。

-slots [slot_number]

使用量が集計されるキュースロットの数。slot_numberが指定されていない場合は、各キュースロット数ごとにアカウンティングデータが個別に表示されます。

-t task_id_range_list

上記の-jオプションと一緒にのみ使用できます。

-tスイッチは、アカウンティング情報を出力する、アレイジョブのタスク範囲を指定します。task_id_range_listの構文とセマンティクスは、qsub(1)の-tオプションの説明と同じです。アレイジョブの詳細については、そちらも参照してください。

-P [project_name]

使用状況が要約されたプロジェクトの名前。project_nameが指定されていない場合は、所有するプロジェクトごとにアカウンティングデータが個別に表示されます。

-D [department_name]

使用状況が要約された部門の名前。department_nameが指定されていない場合は、各部門のアカウンティングデータが個別に表示されます。

【ENVIRONMENTAL VARIABLES】

SGE_ROOT       

Univa Grid Engineの標準設定ファイルの場所を指定します。


SGE_CELL       

設定されている場合、デフォルトのUniva Grid Engineセルを指定します。 Univa Grid Engineセルに対処するために、qconfは(優先順位で)以下を使用します。

  • 設定されている場合、環境変数SGE_CELLで指定されているセルの名前。

  • デフォルトのセルの名前(default)。

SGE_DEBUG_LEVEL

設定されている場合、デバッグ情報をstderrに書き込むように指定します。さらに、デバッグ情報が生成される詳細レベルが定義されます。

SGE_QMASTER_PORT

設定されている場合、sge_qmaster(8)が通信要求をリッスンする予定のTCPポートを指定します。ほとんどのインストールでは、代わりにサービスマップエントリを使用してそのポートを定義します。

SGE_EXECD_PORT

設定されている場合、sge_execd(8)が通信要求を待機すると予想されるtcpポートを指定します。ほとんどのインストールは、そのポートを定義する代わりに、サービス "sge_execd"のサービスマップエントリを使用します。

【FILES】
       <sge_root>/<cell>/common/accounting
                       Univa Grid Engine default accounting file
       <xxqs_nam_sexx_root>/<cell>/common/act_qmaster
                       Univa Grid Engine master host file

【SEE ALSO】
       sge_intro(1), qsub(1), accounting(5), session_conf(5), sge_qmaster(8),

【COPYRIGHT】
       See sge_intro(1) for a full statement of rights and permissions.

 

Univa Grid Engine User Commands                                                 UGE 8.5.3                                                                       QACCT(1)

© 2006-2019 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.