TopNetwork Switch > Ethernet Switch > HPC-ProSwitch Xシリーズ

HPC-ProSwitch Xシリーズ

シンプルなイーサネットスイッチの御紹介。10Gbpsまでの帯域で必要なネットワークを柔軟に構成することが可能で、あらゆる局面で大変使い勝手良く利用することができます。ブラウザベースのGUIが装備され、直感的に容易にセットアップすることができるので、導入時に設定の手間がかかりません。

HPC-ProSwitch X1008

1000Base-T 8ポート

柔軟な配置に対応できるコンパクト設計 — デスク、壁、または天井取り付けが可能​​

HPC-ProSwitch X1018

1000Base-T 16ポート

​1Gbps SFP 2ポート​

HPC-ProSwitch X1026

1000Base-T 24ポート

1Gbps SFP 2ポート

HPC-ProSwitch X1052

1000Base-T 48ポート

10Gbps SFP+ 4ポート

HPC-ProSwitch X4012

10Gbps SFP+ 12ポート

Please reload

​仕様一覧

ポート属性:

Marvell™のVirtual Cable Diagnosticsとファイバトランシーバ診断機能をサポートし、ケーブルインフラストラクチャに高度なトラブルシューティング機能を提供
監視と分析を容易にするLEDを内蔵

パフォーマンス:

MACアドレス: 16 K
パケットバッファメモリ: 8 MB

VLAN:

最大4,096のポートベースVLANをサポート。4,096のすべてのVLANタグを適用。

QoS(Quality of Service):

802.1p値およびIP DSCP値を優先
キュー全体での完全優先スケジューリングと設定可能な重み付けラウンドロビン(WRR)スケジューリングをサポート

リンクアグリゲーション:

IEEE 802.3ad規格に基づいた業界標準のリンクアグリゲーション(静的および動的、LACP)
12のリンクアグリゲーショングループと、グループあたり最大4ポートをサポート

管理:

スイッチへのセキュアなアクセスを実現する、ローカルパスワードとIPアドレス制限 ポートミラーリングは、8つのソースポートをミラーリングする機能とVLANミラーリングを提供し、ネットワークトラフィックの監視とトラブルシューティングを向上

内蔵DHCPサーバ:

DHCPクライアントサポートにより、DHCPサーバ使用時のIPアドレスの割り当てをシンプル化
Web管理インターフェイスにより、スイッチソフトウェアのスイッチへのアップロードが簡単
スイッチと直感操作が可能なWeb管理インターフェイス間で、設定内容を簡単にアップロード可能
業界標準RMONを使用してポート統計を利用可能
非管理型スイッチとして出荷され、ボタンを押すことで簡単にWeb管理型スイッチに設定可能
ジャンボフレームが最大9,000バイトのパケットをサポート
ブロードキャストストーム制御で、ネットワークトラフィックストームを低減

動作環境条件:

鉛不使用(含有率ゼロ)
動作時温度: 32~113 °F(0~45 °C)
保管時温度: -20~70 ºC(-4~158 ºF)
動作時相対湿度: 10~90 %(結露しないこと)

サポートされている標準および追加機能:

IEEE 802.3ac — VLANタグ付け
IEEE 802.3ad — 静的LAGサポート対応リンクアグリゲーション
IEEE 802.1W — 高速スパニングツリー(1)
IEEE 802.1D — スパニングツリー(1)
IEEE 802.1Q — ポートベースのVLAN
IEEE 802.1v — プロトコルベースのVLAN
IEEE 802.1p — イーサネットプライオリティ(ユーザープロビジョニングとマッピング付き)
IEEE 802.1X — ポート認証
IEEE 802.3x — フロー制御
RFC 826 — ARP
RFC 854 — Telnet
RFC 855 — Telnetオプション
RFC 1155 — SMIv1
RFC 1157 — SNMP
RFC 1213 — MIB II — RFC 2011、2012、および2013によりアップデート
RFC 2579 — SMI v2のテキスト表記法
RFC 2580 — SMI v2の適合証明
RFC 2819 — RMON
RFC 3164 — BSD Syslogプロトコル
RFC 3416 — Simple Network Management Protocol(SNMP)の管理情報ベース(MIB)(2002年12月)
RFC 768 — UDP
RFC 783 — TFTP
RFC 791 — IP
RFC 792 — ICMP
RFC 793 — TCP
RFC 951 — BOOTP
RFC 1533 — 1534を含む、BOOTPとDHCP間の相互運用
DHCPサーバ
RFC 2131 — 動的ホスト設定プロトコル
RFC 2132 — DHCPオプションおよびBOOTPベンダー拡張機能
RFC 950 — インターネット標準サブネット手順
RFC 1123 — インターネットホストの要件
RFC 1042 — IEEE 802ネットワーク経由のIPデータグラム転送のための規格
RFC 1071 — インターネットチェックサムの計算
IGMPv2スヌーピング
MLDスヌーピング
GARP
GMPスヌーピング
ジャンボフレーム
IPv6のサポート
IPv4およびIPv6スタティックルーティング
ファームウェア / 構成のアップデートに対するUSBサポート
ファームウェアおよび構成の自動アップデート(TFTPサーバ / USB経由)
コンソールポート
TACACS+サーバ経由の認証
ポートセキュリティ
動的ARP検査
DHCPスヌーピング
SHCPリレー
ACL
Voice VLAN
単一方向リンク検出(UDLD)
マルチスパニングツリープロトコル(MSTP)
LLDPおよびLLDP-MED
sFlow V5
ポートプロファイル(組み込みスクリプト)

保守:

1/3/4/5/6/7年間 翌営業日オンサイト保守サービス  (平日対応)
1/3/4/5/6/7年間 当日4時間以内オンサイト保守サービス  (24H365日対応)
1/3/4/5/6/7年間 当日2時間以内オンサイト保守サービス  (24H365日対応) 

© 2006-2019 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.