Top > HPCTテクニカルセンター > トラブルシューティング

FAQ (201807-01)

パスワードを忘れた場合の対処方法

対象マシン : 全て

対象OS     : Linux

分からなくなったユーザーのパスワードを、システム上のデータから確認する手段はありません。したがって、下記の何れかの方法にてパスワードを再設定します。

1. root以外の一般ユーザー
のパスワード再設定


(1) NIS管理外ユーザーの場合


rootにて、通常の"passwd"コマンドを実行して、該当するユーザーのパスワードを再設定します。
※<ユーザー
名>は、該当するユーザーを指定して下さい。

$ passwd <ユーザー名> 

Changing password for user ユーザー名. 

New password: <該当ユーザーの新しいパスワード> 

Retype new password: <該当ユーザーの新しいパスワード(再入力)>

1-2. NIS管理ユーザーの場合

 

NISサーバ上のrootにて、"yppasswd"コマンドを実行して、該当するユーザーのパスワードを再設定します。

※<ユーザー名>は、該当するユーザーを指定して下さい。

$ yppasswd <ユーザ名> Changing NIS account information for ユーザー名 on NISサーバ名. 

Please enter root password: <rootのパスワード(確認用)> 

Changing NIS password for ユーザー名 on NISサーバ名. 

Please enter new password: <該当ユーザーの新しいパスワード> 

Please retype new password: <該当ユーザーの新しいパスワード(再入力)>

"yppasswd"が使用できない場合には、以下の手順で実施して下さい

(1) 該当ユーザーのパスワードを通常の"passwd"コマンドで再設定します。 

$ passwd <ユーザー名> 

Changing password for user ユーザー名. 

New password: <該当ユーザーの新しいパスワード> 

Retype new password: <該当ユーザーの新しいパスワード(再入力)>

(2) 上記で変更したパスワード情報をNIS管理情報へ反映します。 

$ make -C /var/yp

2. rootのパスワード再設定


※NIS環境下でもrootは管理外となりますので、必ずそれぞれのサーバー上でrootのパスワードを再設定する必要があります。

2-1. ノーパスワードでリモートログインができるケース

管理サーバー等のrootからノーパスワードでリモートログインできる設定が施されている場合があります(クラスタ環境など)。
その場合は、リモートログイン後に、通常の"passwd"コマンドで変更して下さい。

(1)管理サーバー上のrootから、該当サーバーにリモートログインします。

 

(2)リモートログインした該当サーバー(rootのまま)上で実行します。 

$ passwd 

New password: <新しいパスワード> 

Retype new password: <新しいパスワード(再入力)>

2-2. ノーパスワードでリモートログインができないケース


シングルユーザーモード等でrootのログイン状態でOS起動するようにしてから通常の"passwd"コマンドで再設定します。ただし、OSのシステム管理(initまたはsystemd)の違いにより対応が異なります。


2-2-1. システム管理がinit系OS

OSがRHEL6(CentOS6)以前のバージョンなど、Linuxのシステム管理が従来のinit系の場合には、以下の方法にてパスワードを再設定します。

(1) 該当サーバを再起動します。

(2) OSの最初の起動画面で[e]キーを押して起動オプションの選択モードに入ります。

(3) "kernel"で始まる行を選択し、もう一度[e]キーを押して編集モードに入ります。

(4) 行末尾にスペースを空けてから、オプション"single"を追加入力します。

(5) [Enter]キーを押して、選択モードに戻ったら、[b]キーを押して起動を継続します。

(6) rootのログイン状態で起動されるので、下記の"passwd"コマンドでパスワードを    再設定します。 

$ passwd 

New password: <新しいパスワード> 

Retype new password: <新しいパスワード(再入力)>

 

(7) "reboot"コマンドでOSを再起動します。

 $ reboot

2-2-2. システム管理がsystemd系OS

OSがRHEL7(CentOS7)以降のバージョンなど、Linuxのシステム管理が新しいsystemd系の場合には、以下の方法にてパスワードを再設定します。

(1) 該当サーバーを再起動します。

 

(2) OSの起動画面のKernel選択時に[e]キーを押して起動オプションの編集モードに入ります。

 

(3) "linux","linux16","linuxefi"の何れかで始まる行にある、オプション"rhgb"を削除して(もしオプシン"LANG=ja_JP.UTF-8"もあれば合わせて削除して下さい)、行末尾にスペースを空けてから、オプション"rw init=/bin/sh"を追加入力します。

 

(4) [Ctrl]+[x]キーを押して起動を継続します。

 

(5) rootのログイン状態で起動されるので、下記の"passwd"コマンドでパスワードを    再設定します。 

$ passwd 

New password: <新しいパスワード> 

Retype new password: <新しいパスワード(再入力)>

 

(6) SELinuxが有効(Enforcing)な場合に限り、下記の"touch"コマンドを実行します。 

$ touch /.autorelabel

 

(7) 下記の"exec"コマンド実行して通常の起動モードに移行します。 

$ exec /sbin/init

 

(8) "reboot"コマンドでOSを再起動します。 

$ reboot

systemd系には、init系のシングルモードに相当するレスキューモードで起動することができますが、改めてrootのパスワード入力が必要になるために今回のようなパスワードを忘れている場合の対処には使用することができません。(エマージェンシーモードでも同様にrootのパスワードが要求されます)

© 2006-2019 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.