FAQ (201708-02)

DPeM1000e(ブレードエンクロージャ) 簡易的なステータス確認の方法

対象マシン : HPC-ProServer DPeM1000e

対象OS     : 全て

ブレードサーバ(DPeM系)を搭載するエンクロージャのDPeM1000eに関して、ハードウェアのチェックが素早く出来る簡易的なステータスの確認方法を記載します。

 

※詳細な確認が必要な場合は、改めてログ取得と解析が必要となります。

DPeM1000eのCMCにネットワークでアクセス可能な端末にて、以下のコマンドを実行します。
(端末にはsshクライアントが必要です)

$ ssh root@<CMCのIPアドレス> getmodinfo        

あるいは、一旦CMCにログインした後で、以下の通り"getmodinfo"コマンドを実行します。
(CMCからのログアウトは"exit"コマンドを実行します)

$ ssh root@<CMCのIPアドレス>             
$ getmodinfo                      


※実行後Passwordの入力を求められますが、ご不明な場合はお問い合わせください。
※<CMCのIPアドレス>は、該当するM1000eに搭載のCMCに設定された値です。

"getmodinfo"コマンドを実行すると、下記のような結果が表示されます。

--- 表示例 ---
<module>        <presence>      <pwrState>      <health>        <svcTag>
Chassis         Present         ON              OK              AAAAAAA
Fan-1           Present         ON              OK
Fan-2           Present         ON              OK
~以下略~
---

この中で、一番上に表示された"Chassis"の<health>項目が"OK"の場合は、全て正常な状態です。"NG"の場合は、"Chassis"以下に記載のある各モジュール(電源、ブレードサーバ等)の何れかに問題("NG")があり、DPe1000e本体の前面にあるLCDパネルがオレンジ(警告)点灯している状態となります。

© 2006-2019 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.