TopServer > AMD 3rd Gen EPYC サーバー

AMD 第3世代 EPYC (7003シリーズ)搭載サーバーの御紹介

2021年3月、AMDは最大64コアの第3世代サーバーCPU「AMD EPYC 7003 Series」(コードネーム:Milan)をリリースしました。前世代のEPYCから拡張された「ZEN3」マイクロアーキテクチャで、高いシングルスレッド性能とマルチスレッド機能を備えます。物理CPUパッケージあたり最大64コア/128スレッドで、8チャネルDDR4-3200と128レーンPCI Express Gen4を特徴とする高性能プロセッサです。

AMD 第3世代 EPYC プロセッサー 一覧

※上記は、AMD社が公開している資料に基づきます。弊社が製品として御提供できない可能性がありますので、予め御了承ください。

アーキテクチャがZen2からZen3へ移行するにあたり、最も大きな変更点はキャッシュ構造です。Zen2では、L3キャッシュは4つのCPUが1つのL3キャッシュを共有する仕組みになっていました。つまり、4つのCPUで1つのモジュールが形成され、そのモジュール2つでダイが構成されていました。それに対して、Zen3では、8つのCPUで1つのモジュールを構成すると共に1つのL3キャッシュを共有します。したがって、大きなL3キャッシュを全てのCPUが共有できる点で大きなメリットがあります。

AMD 第3世代  EPYC搭載サーバー

HPC-ProServer DPeR7525

AMD EPYC 2U 2ソケットサーバー

​最大128CPUコア256スレッド搭載可能

 

HPC-ProServer DPeR7515

AMD EPYC 2U 1ソケットサーバー

​最大64CPUコア128スレッド搭載可能

 

HPC-ProServer

DPeR6515

AMD EPYC 1U 1ソケットサーバー

​最大64CPUコア128スレッド搭載可能

HPC-ProServer

DPeR6525

AMD EPYC 1U 2ソケットサーバー

​最大128CPUコア256スレッド搭載可能

HPC-ProServer

DPeC6525

AMD EPUC 2ソケットサーバー x 4ノード

​最大512CPUコア1024スレッド搭載可能 

© 2006-2021 HPC Technologies Co., Ltd. All rights reserved.